良い睡眠を得るために|自宅に炭酸泉を取り付けて炭酸風呂を楽しもう
ウーマン

自宅に炭酸泉を取り付けて炭酸風呂を楽しもう

良い睡眠を得るために

寝室

大事な寝具の一つ

いくら良い敷布団や掛け布団を使っていても、枕が自分に合っていないと良い睡眠は得られません。理想の枕とは、高さ、大きさ、素材といろいろな要素がありますが中でも大事なものは高さです。枕の高さが合っていないと、いびきをかいたり寝苦しくなったり、筋を傷める原因にもなります。ほかにも頭痛や肩こり、背骨の湾曲の原因にもなることがあります。枕の高さは人により違い、体系や重さで変えなければなりません。実際に枕に頭をのせてみないと枕選びは難しいといえます。枕は健康と密接な関係にあります。まずは今使っている枕が合っているのか確かめ、違うと感じたら自分の枕を探してみましょう。枕はオーダーメイドでも作ってくれるところはたくさんありますので、気軽に誰でも自分の理想の枕を手に入れることはできます。また、アドバイザーに相談することで、自分に合った正確な枕の高さが分かります。

どんなものが理想なのか

では理想の枕とはいったいどんなものなのでしょうか。高さに重点を置いて選ぶことは第一です。理想の高さは、首筋まで支えてくれる枕です。首筋に隙間があると、肩こり、姿勢の悪化、筋を傷める原因となります。かといって首を圧迫するような高さであると寝苦しくなります。呼吸がしやすく、自然に首筋を支えてくれる高さが理想の枕です。低反発の素材で緩やかな湾曲を描いた首筋まで支える枕は使用感も良く、また形も崩れにくいのでおすすめです。それ以外の平面に近い枕は、なるべく顔だけでなく肩まで枕に乗せて使うことが理想です。そうすることにより睡眠トラブルが予防されます。仰向けだけでなく、寝返りがしやすいか、横を向いたときはどんな感じかなど、さまざまな姿勢で試してから購入するようにすると失敗が少ないです。