入浴による手法|自宅に炭酸泉を取り付けて炭酸風呂を楽しもう
ウーマン

自宅に炭酸泉を取り付けて炭酸風呂を楽しもう

入浴による手法

寒がる人

入浴による手法

現代人は昔の人に比べて基礎体温が1度前後低い傾向にあります。それは周囲の環境に起因しており、エアコンの多用により体温調節機構が弱っていること、移動手段の発達により慢性的な運動不足となり血液循環や代謝が悪いことなどによります。温活は基礎体温の値を体の暖め方の工夫、服装の改善、食事による代謝向上、ストレッチによる血液循環の促進など様々な方法で上げる方法です。これは特に男性に比べて冷え性になりがちな女性にメリットがある方法で、基礎体温を上げることで、代謝が上がり痩せやすい体となり、老廃物が流れやすく肌の張りも改善され、生理周期も規則正しくなる効果があります。温活の中でも確実に効果が見込める方法として入浴があり、その中でも基礎体温を効率よく上げるために注意すべきいくつかのポイントがあります。

ぬるめの湯に長くつかる

入浴により体を暖めることは温活の中でも効果が高い方法として人気の手法です。ただし、40度を超える熱い湯に全身つかってすぐに暖めるという方法は効率が悪いことに注意が必要です。重要なのは体の深部まで暖めることで、そこまでお湯の熱を届かせるにはゆっくりお湯につかり、長い時間をかけて深部に熱を行き渡らせる必要があります。熱い湯につかると人は体の表面までしか熱が伝わっていない状態にも関わらず、熱く感じて湯船から上がってしまいます。少しぬるめだと感じる程度の湯にゆっくりとつかることが大切で、副交感神経が刺激され、全身の血流が促進されます。代謝が活性化し、体の老廃物が流れやすくなることで疲れが取れ、お肌の状態も改善され、またリラックス効果もあるため温活の中でも人気の手法となっています。また、入浴剤も併用することでより体を暖める効果を高めることができます。